準大手ゼネコンの西松建設は、寒冷な北海道で
実質のエネルギー消費量を75%削減できる集合住宅を開発する。
ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)に対する需要は高く将来の市場拡大に備える。