化石燃料などに関連する企業の株式や債券を売却すると決めた投資家は
世界で900超、資産規模は約700兆円にのぼる。
融資を停止する動きも広がっている。