「パリ協定」が採択されてから各国・地域はこれに従って
主に30年に向けたプレッジを条約事務局に提出した。
ところが内容は様々で、先進国からの支援を条件にしたものが多々ある。
プレッジを順守した際の最終的な世界の絶対排出量は不明である。