丸紅は石炭火力発電所の新規開発から撤退する。
今後は成長分野である再生エネルギーの開発にシフトする。
「ESG投資」の広がりを受け、今後も世界で脱石炭の動きが加速する。