国際エネルギー機関(IEA)によると、2017年の世界の
原発投資は2016年比45%減の約1兆9200億円と、東日本大震災直後の
2012年以来5年ぶりの低水準。一方再生エネの投資が膨らんでいる。