環境配慮などを重視したESG投資が世界的な風潮となるなか
丸紅は新規の石炭火力発電の開発から撤退する。
同社は現在持つ石炭火力の持ち分も半減させる予定だ。その狙いとは。