2018年のノーベル経済学賞に米2氏が選ばれた。
ノードハウス氏は温暖化ガスの排出に課税する「炭素税」の提唱者で知られる。
アカデミーは気候変動や技術革新と経済成長の関係を定式化した研究を評価した。