国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は
世界の平均気温が産業革命前に比べて1.5度上昇したときの
影響を予測する初の報告書を公表した。