2007年以降、首相が6回交代したオーストラリアは
度重なる与党の内紛劇とその背景に温暖化対策を巡る迷走があった。