ESG投資の広まりを受けて日本でも
グリーンボンド(環境債)を発行する動きが加速している。
環境事業に限定した債券で、持続可能な社会の実現を目指す。