アジアの企業に対する投資で、環境や社会課題に配慮した
ESGへの取り組みを判断基準とする動きが日本に広がってきた。