世界気象機関(WMO)と国連環境計画(UNEP)は一時破壊が進んだ
大気中のオゾン層が2060年代には地球全体で1980年の水準まで
回復すると予測する報告書を発表した。