太陽光や風力といった再生可能エネルギーが近い将来
発電の主役を担うとの見通しが広がってきた。