大量消費から循環経済へ
製品について手を加えて長期間使い、使用を終えた後も
材料を再生産などに利用して循環させる形で最大限活かす。