東京都はビルなどの建築物を新築・増築する際に義務付けている
「建築物環境計画書制度」の対象範囲を広げる方針を決めた。
省エネをはじめとする温暖化対策の促進につなげる。