地球温暖化防止のためにノンフロン自然冷媒への転換を推進しています。
トピックス

省エネ活動

小規模でも提出義務(日経新聞 2018年11月9日)

東京都はビルなどの建築物を新築・増築する際に義務付けている 「建築物環境計画書制度」の対象範囲を広げる方針を決めた。 省エネをはじめとする温暖化対策の促進につなげる。

家庭の太陽光EVでイオンへ(日経新聞 2018年11月9日)

イオンと関西電力は2019年度にも家庭の太陽光発電で作った電力を 店舗で使う仕組み作りに乗り出す。

エコがビジネスになる日(読売新聞 2018年11月9日)

大量消費から循環経済へ 製品について手を加えて長期間使い、使用を終えた後も 材料を再生産などに利用して循環させる形で最大限活かす。

持続可能会社へ責任(日経新聞 2018年11月8日)

第20回日経フォーラム「世界経営者会議」では 国内外から集まった経営者らが激変期の経営課題について意見を交わした。 組織や経営トップの役割から社会的責任まで 企業のあり方を根本から見直すべきだとする声が相次いだ。

再生エネ、発電の主役に(日経新聞 2018年11月7日)

太陽光や風力といった再生可能エネルギーが近い将来 発電の主役を担うとの見通しが広がってきた。

オゾン層2060年代に回復(日経新聞 2018年11月6日)

世界気象機関(WMO)と国連環境計画(UNEP)は一時破壊が進んだ 大気中のオゾン層が2060年代には地球全体で1980年の水準まで 回復すると予測する報告書を発表した。

アジア企業にESG投資(日経新聞 2018年11月6日)

アジアの企業に対する投資で、環境や社会課題に配慮した ESGへの取り組みを判断基準とする動きが日本に広がってきた。

電力・ガス自由化における再エネの役割(日経新聞 2018年11月5日)

電力・ガスの小売り全面自由化で業界の垣根を越え競争が活発になっている。 脱炭素社会へ再生可能エネルギーのさらなる活用も急務だ。 今後、人工知能などを駆使し付加価値の高いエネルギー基盤をどう生み出すか。

再エネ主力電源への流れを(日経新聞 2018年11月5日)

日本はエネルギー輸入国であり、再エネが国内で増加すれば 日本のエネルギー自給率向上につながる。加えて災害対策にもつながる。 再生可能エネルギーがは様々な付加価値をもたらす。

地域活性化の起爆剤に(日経新聞 2018年11月5日)

再生可能エネルギーを含む多様なエネルギー源を活用し どのように電力システムの中に取り組んでいくべきか。 電力の安定かつ低廉な供給を求める声は一段と高まっている。

フィリピン、観光地の環境対策強化(日経新聞 2018年11月6日)

フィリピンが観光地の環境対策を強化している。 ドゥテルテ大統領は観光分野でも環境重視の姿勢。 海洋汚染などを理由に閉鎖されていたリゾート地のボカライ島は 一部の宿泊施設を営業再開、観光地の姿が徐々に戻っている。

再生エネ普及、電力会社が壁に(日経新聞 2018年11月3日)

再生可能エネルギー技術でかつて日本は世界に先駆けた。 今は急拡大の世界から周回遅れとされる。 既存の電力会社網になじまない再エネの普及を嫌う 大手電力の壁が存在した。

温暖化ガス80%減なるか(日経新聞 2018年11月3日)

日本から出るCO2などの温暖化ガスを長期で削減する 対策づくりが政府内で本格化している。 2050年までに80%減らす目標だ。

再エネ災害に強く(日経新聞 2018年11月4日)

2018年に日本を襲った豪雨や地震は 太陽光などの再生エネルギーの脆弱さを浮き彫りにした。 災害への耐久性を高めなけれ、主力電力として信頼は得られない。

豪政権、温暖化対策迷走(日経新聞 2018年11月2日)

2007年以降、首相が6回交代したオーストラリアは 度重なる与党の内紛劇とその背景に温暖化対策を巡る迷走があった。

ESGプロジェクト(日経新聞 2018年10月31日)

ESG投資の広まりを受けて日本でも グリーンボンド(環境債)を発行する動きが加速している。 環境事業に限定した債券で、持続可能な社会の実現を目指す。

AIでコンビニ節電(日経新聞 2018年10月30日)

三菱商事とローソンはコンビニの電力使用を集中制御し 電気代を抑制する取り組みを始める。 今後5000店舗をAIなど活用して電力を抑えるシステムを整える。

温暖化に立ち向かうには(日経新聞 2018年10月29日)

チーフエコノミクスコメンテーター マーティン・ウルフ氏が語る 温暖化に立ち向かうには。

エネルギー日本の選択④(日経新聞 2018年10月31日)

再生エネルギーを導入する動きが世界的に進んでいる。 全ての電力を再エネにすることを目指す企業も増えているが 日本に限っては、いまだ力強さに欠ける。

エネルギー日本の選択③(日経新聞 2018年10月30日)

「再生可能エネルギーが使われているとイメージが良くなる」 と話すのは新宿マルイ本館でお買い物をする一般女性。 今後は、さらに再生可能エネルギーが重要視されるであろう。 丸井グループは2030年までに全ての電力を再エネで賄 …

1 2 3 »

めざせ「ノンフロン」の世界

協会案内

〒107-0052
東京都港区赤坂4丁目13番5号
TEL 03-6441-2242

・千代田線赤坂駅下車徒歩5分
・銀座線赤坂見附駅徒歩8分
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本自然冷媒推進協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.