地球温暖化防止のためにノンフロン自然冷媒への転換を推進しています。

「パリ協定」で世界が変わる!

  • HOME »
  • 「パリ協定」で世界が変わる!

化石燃料の時代が終わる。 自然エネルギー100%の時代に変わる。

2015年12月、フランスで開かれた国連会議COP21で、世界の温室ガス排出をゼロのすることをめざす歴史的な「パリ協定」が合意されました。
日本やヨーロッパはもちろん、アメリカも、中国も、サウジアラビアなどの産油国もパリ協定に質成したのです。

2016年11月4日、パリ協定は国際条約として発効し、「排出ゼロ」の未来へ大きな一歩を踏み出しました。温暖化防止の国際条約ができたのは、京都議定書以来、 初めてのことですu。これからは、パリ協定のもと、世界が一丸となって温項化の危税に立ち向かいます !

 

パリ協定が本当にすごい5つのポイント

①めざすは1.5℃未満 ! 対策なしだと4℃上昇

パリ協定の目標は、 産業革命前と比べて世界の気温上昇を「2℃よりはるかに低くすること、さらに 1.5℃に抑える努力をすること(1.5℃~2℃目標)」です。 これまで国際社会は「2℃未満」をめざしていました。 しかし、すでに、世界の平均気温は約1℃上昇しており、温暖化による被害は広がっています。 苦しんでいる人たちを救うため、世界は1.5℃未満」をめざすことにしたのです。

世界の科学者たちは、 このまま何も対策をとらなければ、 21世紀が終わる頃には約4℃ も気温が上がると警告しています。パリ協定の目標を達成しないと、一度失ったら二度と取り戻すことのできない生命、自然、文化を失うことになりかねません。

②化石燃料の時代を終わらせる!

石炭、石油、天然ガスといった化石燃料を燃やすと大量の二酸化炭素(CO2)が出ます。 CO2は温暖化の最大の原因です。大気中の CO2が増えると地球の気温は上がります。最新の研究によれば「1.5℃未満」を達成するためには、地球上の化石燃料埋蔵量の85%を燃やすことはできません(出典: OCI)。 パリ協定によって、2050年頃には、エネルギー利用によるCO2排出を「実質ゼロ」にしないといけなくなったのです。

化石燃料は、たとえ余っていても使えない時代が始まります。国連気候変動枠組条約事務局のリチャード・ キンレ一氏も「化石燃料の時代は終わる」と言っています。特に、途方もない量のCO2を出す石炭を使うのは、すぐにやめなければいけません。効率がいいと言われる最新の石炭火力発電所でも、天然ガス火力発電所の2倍、風力発電の30倍のCO2を出すのです。

③自然エネルギー100%の時代が始まる!

化石燃料が使えない代わりにどうするのでしょうか。省エネに取り組むのは当然ですが、どうしても必要なエネルギーは、太陽光、風力、水力、バイオマスなど、CO2をほとんど出さない自然エネルギーでまかないましょう。つまり、自然エネルギー100%の時代にシフトするのです。 実際、「自然エネルギー100%は実現可能」という研究が続々と発表されています。
国際的には、デンマークのような先進国や48の途上国も自然エネルギー100%をめざしています。Apple やGoogle、リコーなど、130社以上のグローバル企業も、自然エネルギー100%をめさすイニシアティブ「RE100」に参加しています。 福島県、千葉商科大学なども自然エネルギー100%をめざすことを表明しています。自然エネルギー100%は、もはや夢物語ではなくなっています。

④お金の流れをクリーンにする!

パリ協定の目標のひとつは、お金の流れをクリーンにすることです。つまり、石炭火力発電など、 たくさんのCO2を出すビジネスではなく、省エネや自然エネルギーにお金が流れるようにするのです。現在、世界全体の化石燃料への補助金は、自然エネルギーへの補助金の4倍以上(出典:IEA)。近年の世界のトップ25の民間銀行による化石燃料関連事業への融資額は、自然エネルギーへの融資額の約10倍にのぼります(出典: Fair Finance Guide)。
この状況を変えるため、化石燃料への投資をやめる「ダイベストメント」という動きが急速に広がっています。 2016年12月時点で、ダイベストメント企業・機関は688に達し、その資産は約587兆円にのぼっています。

⑤対策を強化し続ける !目標引き下げ禁止!?

パリ協定のもと、「1.5℃未満」と「排出ゼロ」に向けて、各国は温室効果ガスの削減目標を引き上げ続け、対策を強化し続けることになりました。 世界の温暖化対策の進み具合をチェックする会議を5年ごとに行い、各国の排出削減目標が十分か、対策が進んでいるか、お互いを厳しくチェックし合います。後ろ向きな国は、名指しされ、批判され、信頼とチャンスを失うことになります。逆に、熱心に取り組み続ける国は、世界の温暖化対策に貢献し、世界中から尊敬されるようになります。 パリ協定のもと、各国はより高い目標、より強い対策にチャレンジし続けるでしょう。
排出ゼロを実現するまで、温暖化対策は止まりません!

▼温暖化はこんなにキケン!

 

国連機関は、2005~2014年に発生した気候災害件数が1985~1994年のほぼ倍になり、1995年以降だけでも60万人以上が死亡したと報告しています。また、シリアの紛争・難民問題の背景には温暖化による異常気象があると分析する研究者もいます。 生きものの絶減、食料不足、農林漁業への影響も深刻です。恐ろしいのは、地球平均気温が約1℃上昇しただけでこれほどの変化があらわれていることです。4℃も上がれば、破滅的な被害が生じるリスクがあります。 科学者は、温暖化が進んでグリーンランドの氷床が解けることで、将来的に世界の海面水位が7mが上昇するおそれがあると警告しています。また、CO2をほとんど排出していない途上国の人々ほど深刻な被害を受けるという不平等の問題もあります。 特に、自然とともに農業で暮らす地域では、気候災害によって家を失い、生活が成り立たなくなり、さらなる貧困に見舞われています。温暖化は人権の問題でもあるのです。

▼温暖化に適応する。

すでに深刻な温暖化の被害。日常化する異常気象や海面上昇、感染症の拡大などに備えて私たちの社会を見直し、ライフスタイルを変えることも必要です。例えば、熱帯の蚊が媒介する感染症のワクチンを各病院で用意することも「適応」です。
また、温暖化の影響によって失われた生命や財産に、国際社会がどう向き合うかも大切です。 特に、これまでたくさんの温室効果ガスを出してきた日本などの先進国には、温暖化による被害の責任をとり、償っていく必要があります。

 

日本でパリ協定を「実施」する

2050 年までに 80%削減!

日本政府は 2050年までに温室効果ガスを80%減らすことを目標としています。しかし、日本の排出量は1990年以降、減っていません。世界には、CO2を減らしながら、同時に経済成長を実現している国がたくさんあります。国の目標を達成し、パリ協定に貢献して、危険な温暖化を食い止めるためにできることは、まだまだたくさんあります。

①削減目標を引き上げて国連に再提出する!

日本は 「2030年までに 2013年比で26%削減(1990年比 18%削減)」という日標を掲げています。 しかし、科学者たちから、「すべての国が日本並みの努力しかしないなら地球の気温は3~4℃上昇する」「日本政府が掲げる『2050年80%削減』への道筋にも沿わない」と批判されています。目標は「2030年までに1990年比で40-50%削減」として2020年までに国連に再提出することが必要です。

②自然エネルギーを爆発的に増やす!

日本の自然エネルギー電力の割合は大規模水力を含めてもたった14.4%です(2015年度)。 環境省によれば、日本には総電力需要以上の自然エネルギー資源があります。 もし日本が2050年までに自然エネルギー100%を達成するなら、年間3兆5千億円の化石燃料輸入コストを節約でき、大気汚染の健康被害による1万7千人の早期死亡を防ぎ、自然エネルギー産業で6万7千人の雇用を増やせます (出典:NewChmateInstltute)。

③原発に頼らずにCO2を減らす!

政府や一部の産業界は原発を温暖化対策に位置づけています。しかし、2014年度の日本の温室効果ガス排出量は、 原発稼働ゼロにもかかわらず前年度より減りました。省エネと自然エネルギーのおかげです。事故リスクや核のゴミなど、問題だらけで、自然エネルギーの普及を遅らせる原発はやめるべきです。自然エネルギーと省エネこそが、脱原発と温暖化防止の両立につながります。

市民も、企業も、自治体も、チャレンジできることはたくさんあります!

  • 家電、設備を買い換えるときは最も省エネ効率の高いものにしよう。エネルギーの使い方を見直そう。
  • 温暖化対策を進めるよう議員に伝えよう。選挙のときにはパリ協定に積極的な議員を応援しよう
  • 家庭、オフィス、学校等で使っている電気を自然エネルギー中心の電力会社に変えよう。
  • 化石燃料や原子力に融資している銀行から自然エネルギー重視の銀行へ口座を移してお金の流れを変えよう。
  • パンフレットを使って、パリ協定や温暖化について友だちや家旅1と話そう。
  • 「自然エネルギー100%」に賛同しよう。「自然エネルギー100%」の目標を宣言しよう。→自然エネルギー100%プラットフォームをチェック!くhttp://www.go100re.jp>
  • 自然エネルギーの市民・地域共同発電所をつくろう。出資しよう。
  • 環境NGOを支援しよう。寄付しよう 。会員になろう。

◆アクシ.ションの最新情報は http://www.can-japan.org でチェック。

お気軽にお問合せください TEL 0120-548-666 お客様相談室 24時間コールセンター

めざせ「ノンフロン」の世界

協会案内

〒107-0052
東京都港区赤坂4丁目13番5号
TEL 03-6441-2242

・千代田線赤坂駅下車徒歩5分
・銀座線赤坂見附駅徒歩8分
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本自然冷媒推進協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.